プロフィール

オーナーセラピスト 

田窪ジュノ

1968年(昭和43年)生まれ 

愛媛県宇和島市出身

​大学卒業後、ニューヨークに滞在しているときに経絡系の指圧マッサージと出会う。

そのサロンのスクールに通ったのち、同店で3年間セラピストとして働く。

​帰国後、東京の一流ホテルのスパに7年間勤務。多くの指名客を持った。

場所柄、政治家や元選手のスポーツ評論家、大企業のトップなどから特に支持を受ける。強もみができるセラピストであり、大柄の男性からも指名されていた。

その後転職し、ライターや事務の仕事をしていたが、50才になったのを機にサロンの開業を決意。伊勢の地で、人々の体と心をいやす仕事を続けたいと考えている。

→ブログはこちら

わたしは子供の頃から肩コリでした。

頭痛がする、吐き気がすると訴える小学生のわたしを、親は病院に連れて行き、いろいろな検査を受けましたが異常なし。

診察した初老の先生が、「これは肩が凝っているんですよ」と揉んでくださったとき、頭の重さ、気持ち悪さがすーっととれて楽になったのを覚えています。

これが、わたしとマッサージの出会いでした。

 

全身のマッサージを初めての受けたのは、5年住んだアメリカで。日本人が経営していた指圧マッサージのお店です。

その先生が始めたレッスンを受講し、修了後そのままお店でセラピストとして働き始めました。

 

帰国後は、東京のスパでセラピストとして勤めます。

しかし、その頃のわたしには、セラピストとしての目標がありませんでした。

アメリカで始めた時も、じつは、ほぼ食べていくためだけの仕事でした。

他にやりたいこともなかったから、そのまま日本でも続けていただけのことだったのです。

その間に、以前から興味を持っていた『万象学』という東洋思想を学び始めました。

大自然と人との調和や、人が生きる意味や運命について考え始めます。

 

そして、目標を持てなかったセラピストを辞め、やりたいと思っていたある仕事に就きました。

 

ところが、その仕事で大きな挫折を味わいます。

会社を辞め、自分が何をしたらいいのか解らなくなってしまいました。

でも、生活していくために働くことは必要で、事務の仕事を始めました。

​そんなとき、たまたまうちに立ち寄った知人から「肩が凝っていてつらい」と聞き、​座ったままでしたが、10分くらい肩を揉みました。

「あ〜。楽になった。ありがとう」という言葉を聞いて、人の役に立つことができ、喜んでもらえて純粋に嬉しかったのです。

そして、多くの人が、身体のコリや心の緊張を抱えている今、身体が楽になることで心も満たされ、​幸せな気持ちの人が増えたらいいなあと思ったのです。

わたしはふたたびセラピストとなり、さらに自分のサロンを持つことになりました。

初めて、セラピストとしての目標も出来ました。

人々の身体を癒し、心も元気にし、その人本来の輝きを取り戻すことで、世界を幸せにしたい。

今は、そんな夢・目標を持って、日々の施術に励んでいます。

080-5533-6428

お問い合わせ・ご予約

LINEで予約

ja.png

web予約サイト

前々日までの予約が可能

  • Instagram
  • twitter
  • YouTube

 Copyright© いせ桃花院 All rights reserved いやしもみは登録商標です